2006年9月24日

駿遠線サイクリング 大洲〜上吉田駅

旧大洲駅からスタートです。

ローソンの交差点の脇にある、細い道が廃線跡です。

東名高速をくぐると、廃線跡は右に急カーブ。大井川方向に向きを変えます。

再び田沼街道とぶつかります。この辺で廃線跡が途絶えてしまいますので、東名高速沿いの道を進みました。

神社が見えてきました。どうもその前の道も廃線跡っぽいです。 その近くの青いアパートのあるところが、旧上新田駅になります。

さらに進むと、大井川中と幼稚園が見えてきます。幼稚園の脇を進むと、廃線跡がまた現れます。
アロエ食品の看板が目印です。


なんともいえない、良い道が続きます。


そして今に残る駿遠線のキーパーツ、「当時の枕木を利用した橋」がありました。

気をつけていないと、見逃します。


詩の小径を過ぎると、旧大井川駅です。

以前、跡地にはスーパーやコンビニがありました。なにやら建て替えが行われていました。


さて、どんどん先に進みます。

有名な政治家さん(名前忘れました)の家の裏を過ぎるころから、坂道になってきます。
大井川が近づいてきました。

  

越すも越されぬ大井川です。
駿遠線は、この大井川をいかにして渡るかという難題が常に付きまとっていました。

昭和初期は自動車と鉄道が共通だったそうです。後に木製の専用橋ができ、その上をゆっくり走っていたそうです。

廃線となった理由の一つに、大井川の橋の老朽化もあったとか。因縁の場所ですね。
良く見ると、橋脚の跡などがまだ残っています。吉田町側に大きな碑が立っていました。これは駿遠線のものではなさそうです。(富士見橋?)

  

吉田町からは、廃線跡は綺麗なサイクリングロードとして整備されています。
景色も良いし、快適です!

  

途中、新しい道路に分断される箇所があります。どんどん先に進むと、旧遠州神戸駅に到着です。

当時の看板が残っています。
私が吉田に住んでいた頃は旧駅舎がそのまま残っていて、自治会館として使われていました。今は新しく建て替えられていました。

さらに先を進みます。

地下道をくぐり、小山城の方を目指します。


  

するとここで、駿遠線ゆかりのパーツを発見。

この3本の橋脚は、低コストで高強度の橋を作るために静鉄(駿遠線は静岡鉄道です)が開発したものだそうです。

   

小山城や青々と茂った田んぼを横目に更に漕ぎ進めると、前方に火の見やぐらが見えてきます。

やぐらの下にあるのが、旧上吉田駅です。看板も残っています。


次回は榛原町を抜けて、相良町をめざします

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)
ツイッターでも、更新履歴を流してます。









2006.9.24| コメント(0) | トラックバック(0) | 駿遠線の廃線跡を辿る はてな

« 駿遠線サイクリング 新藤枝〜大洲 | メイン | 駿遠線サイクリング 上吉田駅〜榛原町駅 »

» 駿遠線の廃線跡を辿る

トラックバック

※当サイトへのトラックバックは、当サイト内ページへのリンクがないと、受け付けない仕様になっています

コメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック
プロフィール

運営者:かん吉

ウェブマーケター・ブロガー。静岡県在住。妻と息子2人の4人家族。

ヨメレバカエレバなどのブログ支援ツール、ウェブサービスを運営してます。
静岡ライフハック研究会の責任者

最近のエントリー
リンク

Twitter / kankichi

静岡で起業!ビジネス勉強会 -しずおか47会-
静岡草の根起業家コミュニティに参加してます
静岡で起業!ビジネス勉強会 -しずおか47会-

あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - えーかん☆静岡