2006年9月25日

駿遠線サイクリング 榛原町駅〜新相良駅

今回は旧榛原町駅(遠州川崎駅)から海沿いに相良町を目指します。

静鉄バスターミナルから出発!

少し走ると、勝間田川とぶつかります。
青い水道管の脇に、昔の橋台が残っています。

この水道管は渡れないので、150号線の橋を渡ります。
すると、すぐに左側へ斜めに行く道があります。これが、廃線跡です。

水道管の橋と続いている様子がわかると思います。

ここからは快適なサイクリング道となっています。しかし、海が近いため、風が強い!

しばらく走ると、ちょっと広くなっているところがあります。
ここが片浜駅跡です。その形に、なんとなく駅の面影が残ってました。

どんどん海に近づいていきます。
この辺から、どうも天候が悪くなってきた〜。今にも雨が降りそうな感じ。

    

防波用の壁の一部が開いていて、海に出れそうだったので、休憩がてら海を見ることに。

何か沢山黒いものが浮いている〜。と思ったら、サーファーがうじゃうじゃいました。

この辺は海を見ながら走れます。どんどん先に進みましょう。

  

すると、大田浜のバス停が見えてきます。ここが旧大田浜駅です。

萩間川河口が見えてきました。
150号の反対側に抜ける地下道をくぐって、反対側に出ます。

ここからの道は駿遠線の廃線跡であり、旧田沼街道の跡でもあるようです。
碑が立っていました。

  

この辺の道は、田舎の道って感じで良かったです。
そして、住宅街を抜けて、左手にポストが見えてくると、その周辺が旧相良駅です。

当時はかなり大きな駅だったようで、にぎやかだったとか。
でも今は、ひっそりとした感じです。

さらに進み、萩間川の橋を渡ります。

この橋、良く見ると、橋脚が3本です。
そう、数少ない今に残る駿遠線パーツです。吉田の小山城近くでも見ました。

この先は学校に吸収されてしまい、廃線跡は一旦途切れます。
かなり開発が進んでいるため、どこか廃線跡なのかちょっとわかりません。

地図上では海のほうへ大きくカーブする道があり、これが廃線跡かな?

そして、静鉄バス相良営業所に到着です。
ここが、旧新相良駅跡になります。榛原営業所と同じように、今も交通の要所として残っています。
歴史の面白さを感じます。

次回は地頭方、御前崎を目指します。

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)
ツイッターでも、更新履歴を流してます。









2006.9.25| コメント(0) | トラックバック(0) | 駿遠線の廃線跡を辿る はてな

« 駿遠線サイクリング 上吉田駅〜榛原町駅 | メイン | 駿遠線サイクリング 新相良駅〜地頭方駅 »

» 駿遠線の廃線跡を辿る

トラックバック

※当サイトへのトラックバックは、当サイト内ページへのリンクがないと、受け付けない仕様になっています

コメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック
プロフィール

運営者:かん吉

ウェブマーケター・ブロガー。静岡県在住。妻と息子2人の4人家族。

ヨメレバカエレバなどのブログ支援ツール、ウェブサービスを運営してます。
静岡ライフハック研究会の責任者

最近のエントリー
リンク

Twitter / kankichi

静岡で起業!ビジネス勉強会 -しずおか47会-
静岡草の根起業家コミュニティに参加してます
静岡で起業!ビジネス勉強会 -しずおか47会-

あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - えーかん☆静岡