2006年9月28日

駿遠線サイクリング 新相良駅〜地頭方駅

旧新相良駅を出発します。

と思ったら、ここでかなり道に迷ってしまい、30分以上ロスしました。

すぐ目の前の道を曲がればよかったのに、なんとなくまっすぐ行ってしまったんですよ。
正解はこの「ロンド」の看板のところを左です。

すると、自転車道が現れます。ゆるやかな坂を登って行くと、

出ました!今に残る駿遠線パーツ、小堤山トンネルです。全線60kmあった駿遠線も、トンネルはこの一箇所だけだそうです。



トンネルの両口には、写真入の資料が展示されています。
ふむふむ。

さて、トンネルを抜けて、坂を下っていくと、左手にデイサービスの看板が見えてきます。
その手前の交差点付近が、旧波津駅です。交差点の前後が広くなっている気がします。

さらに進みます。
ここから地頭方までは自転車道になっているので、走りやすいです。

  


右側にアパートが見えてきました。
その周辺がすこし広くなっています。そこが須々木駅です。

その近くの橋で、豚と衝突した列車が川に落ちたと言う伝説的な話があるそうです。

すると、雨がぱらぱらと降ってきました。先を急がねば!

この辺で公道を横切って、ちょっと山側を走るようになります。

  

すると、旧駅舎の看板が立っています。落居駅です。

前方に「うおとも」が見えてきます。
結婚式も挙げられるみたいで、廃線跡からガーデンが見えます。その日は結婚式はなかったようです。

さらに進みます。
途中、橋台の跡がありました。

  

駿遠運送が見えてきました。
その脇にあるのが、地頭方駅です。

駿遠線の中でも「旧藤相線」と呼ばれる区間の終点です。

全路線図の看板も展示されています。


いよいよ遠くまで来ちゃったなという感じです。

次回は今回の目的地である、旧浜岡駅&御前崎図書館(旧浜岡町)を目指します。

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)
ツイッターでも、更新履歴を流してます。









2006.9.28| コメント(0) | トラックバック(0) | 駿遠線の廃線跡を辿る はてな

« 駿遠線サイクリング 榛原町駅〜新相良駅 | メイン | 駿遠線サイクリング 地頭方駅〜浜岡町駅 »

» 駿遠線の廃線跡を辿る

トラックバック

※当サイトへのトラックバックは、当サイト内ページへのリンクがないと、受け付けない仕様になっています

コメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック
プロフィール

運営者:かん吉

ウェブマーケター・ブロガー。静岡県在住。妻と息子2人の4人家族。

ヨメレバカエレバなどのブログ支援ツール、ウェブサービスを運営してます。
静岡ライフハック研究会の責任者

最近のエントリー
リンク

Twitter / kankichi

静岡で起業!ビジネス勉強会 -しずおか47会-
静岡草の根起業家コミュニティに参加してます
静岡で起業!ビジネス勉強会 -しずおか47会-

あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - えーかん☆静岡